Pulse CMS(インストール編)

Pulse CMSは、45秒でインストールできると謳っていますが、なにせ今のところ主な情報源は英語ですし、ドキュメントのページも英語です。
妙なところで引っかかってしまわないように、いちおう私が行ったインストールの手順や注意点について書こうと思います。誰かの転ばぬ先の杖になればと…。

ただ基本的に、とてもインストールが簡単ですので、そんなに書くこともないような気もしますけど…。

インストールできる環境かどうかを確認

Pulse CMSはデータベース不要とは言え、WebサーバはApache、PHPは5.3以上という条件があります。Nginx とか Amazon EC2 でもいいみたいです。

インストールできるかどうかを調べるツールも提供されています。
下記よりダウンロード可能です。
https://www.pulsecms.com/download/extras/reqs.zip

reqs.zipというファイルがダウンロードされるので、それを解凍してできるreqs.phpというファイルを調べたいサーバにアップロードして実行させればサーバを調べてくれます。

reqs

Webサーバの種類やPHPのバージョンはもちろん、セーフモードの状態(OFFになっていればよい)、Magic quotesの状態(OFFになっていればよい)、GDが有効化されているかどうかなどを調べてくれます。とりあえず私が試した2つのサーバは、どっちもOKでした。もしかしたら環境的に適さない場合は、セルが赤くなったりするのかもしれません(未確認です)。
今のレンタルサーバ的には、そんなに厳しい条件じゃないので、たぶん多くのサーバでOKだと思います。

Pulse CMSの購入とダウンロード

サーバの環境がOKであれば、早速Pulse CMSを入手しましょう。日本語公式サイトの上の方にある、オレンジの「購入」というボタンをクリックします。

▶Pulse CMS 日本語公式サイト
https://www.pulsecms.com/ja/

無制限版(39,900円→19,900円/年)、5ドメイン版(19,900円→9,900円/回)、シングルドメイン版(3,900円/回)からパッケージを選び、個数を選んでPaypalかクレジットカードで支払います。

支払いが終わると、シリアルナンバーの入った「Pulse CMS Serial Number」というメールが送られてきます。この中にPulse CMSの本体をダウンロードできるリンクも含まれているのでクリックしてダウンロードします。pulse.zipというファイルがダウンロードされ解凍するとPulseというフォルダができ、その中にさらにpulseというフォルダがあり、その中に必要なデータが入っています。

解凍してできるファイルは以下のようになります。

%e8%a7%a3%e5%87%8d

config.phpの編集

まずは開いて編集するのは、config.phpです。テキストエディタなどで開きます(上のキャプチャ画像で赤い矢印でさしているもの)。

最初に編集するのは8行目のインストールするパスです(config.php中のコメントは割愛してあります)。

$path  = ”;

Webサーバのルートフォルダではなくサブフォルダにインストールする場合は、それを記載します。例えば、http://www.hogehoge.com/ で表示されるところにインストールするのなら、何も記載は必要ありませんが、仮にhttp://www.hogehoge.com/abcd/ で表示されるところにインストールするなら、

$path  = ‘/abcd’;

と記載しておきます。

次は10行目の、ログインパスワードです。これは管理画面にログインするパスワードを指定します。

$password  = ‘demo’;

デフォルトでは demo というパスワードが入っているので、これを書き換えます。

基本的には、これでいいんですが、ログインしたあとに管理画面の表示を日本語にしたいだろうし、タイムゾーンも日本のタイムゾーンに合わせておきたいので、12行目と13行目を、それぞれ下記のように変えておきます。

date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo‘);
$language = ‘japanese‘;

実は、これだけでは管理画面は日本語表示になりませんが、それはあとで説明します。

あと、送られてきたシリアルコードを、記入しておきます。

$pulse_serial    = ‘ここにシリアルコードを記載‘ ;

.htaccessについて

解凍すると、すでに.htaccessファイルができあがります。
CPIのように.htaccessでPHPの使用バージョンを決めたりするサーバの場合は、あらかじめここに記載しておくといいと思います。.htaccessが見当たらない、もしくはアップロードしたのにサーバ上に.htaccessが見当たらないという場合は、sample.htaccessというファイルに必要な記述をして、それをアップロードしサーバ上でファイル名をsample.htaccessから.htaccessに変更しましょう。

アップロード

準備ができたらファイルをアップロードします。
このときpulseフォルダごとアップしてしまうのではなく、表示させたいディレクトリにadminフォルダ~sample.htaccessまでのファイルを直接アップロードします。

パーミッション設定は、フォルダは755、ファイルは644にします。特に拡張子ごとにパーミッションを変えてアップロードするような設定がしてなければ、通常は普通にアップロードすると、そうなると思いますが、いちおう確認しましょう。

表示とログイン

インストールしたURLにアクセスしてPulse CMSのデフォルトのテーマのサイトが表示されるかどうか確認します。

表示されたら、そのURLの後に /admin と入れてアクセスするとパスワード表示画面がでてきますので、config.phpで設定したパスワードを入れてログインします。

これで管理画面が表示されたらOKです。他のCMSに比べて、とてもシンプルな管理画面ですね。

%e7%ae%a1%e7%90%86%e7%94%bb%e9%9d%a2%ef%bc%88%e8%8b%b1%e8%aa%9e%ef%bc%89

管理画面の日本語化

しかし管理画面が英語表記になっています。なので、ここを日本語表記に変えます。config.phpで言語設定は日本語にしてあるので、必要な言語ファイルを入手して適切な場所にアップロードします。

まずは下記から言語ファイルを入手します。
▶Pulse CMSの言語ファイル
https://github.com/yuzoolcode/pulsecms-languages

%e8%a8%80%e8%aa%9e%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab

右上の緑の「Clone or download」ボタンを押して「Download ZIP」を選んでダウンロードしましょう。そして解凍してできたファイルの中から「japanese.php」をみつけて、admin/inc/lang フォルダにアップロードします。これで管理画面が日本語化されるはずです。

%e7%ae%a1%e7%90%86%e7%94%bb%e9%9d%a2%ef%bc%88%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%ef%bc%89

とりあえず以上が私が行った手順です。

うまく行ったケースなので、本当はもっと何か注意点があるのかもしれませんが、データベースの設定とかない分、比較的簡単にインストールできるのではないかと思います。

Pulse CMS(インストール編)” への2件のフィードバック

  1. 丁寧なレビュー、ありがとうございます!比較的簡単にインストールできたとのことで安心しました。現在、日本語での公式なドキュメントページの作成を進めていますが、ご存知の通り今のところまだ英語だけなので、このレビューはとても助かります。重ねてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

  2. I don’t know if it’s just me or if everybody else encountering issues with your site.
    It appears like some of the written text on your posts are running
    off the screen. Can someone else please provide feedback and let me know if this is happening to
    them too? This could be a problem with my web browser because I’ve had this happen previously.

    Cheers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください