地域ごとにベスト・プラクティスがあると再認識-WordCamp Tokyo 2017参加レポート(DAY2編)

ブログを書くまでがWordCamp…ということで、WordCamp Tokyo 2017参加レポートを書きます。
今回は2日目のコントリビューターデイについて。
ちなみに私は名古屋で開催されたWordCamp以外で参加するのは今回が初めてでした。なのでコントリビューターデイに参加するのも初めて。
コードもろくすっぽかけない私が何に貢献できるのか?と思いつつ、地域コミュニティのチームであれば、この間の経験とかを共有することで貢献できるかもということで参加。
同じく名古屋のWordBenchで活動している野末さんと一緒に参加しました。 続きを読む

Webサイトのこれからについて考えさせられました-WordCamp Tokyo 2017参加レポート(DAY1編)

顔ハメパネルで記念撮影 

ブログを書くまでがWordCamp…ということで、WordCamp Tokyo 2017参加レポートを書きます。
まずは1日目のセッションデイについてです。
ちなみに私は名古屋で開催されたWordCamp以外で参加するのは今回が初めてのようです。
スタッフのみなさん、スピーカーのみなさん、スポンサーのみなさん、貴重な機会を作っていただきありがとうございます。

さて…開会式には間に合いませんでしたが、11時からスタートするセッションに間に合うように会場に向かいました。
聴講できたセッションは以下のものになります。実はあと2つほど聞いていますが、WordFesの実務上の対応で途中で抜けたり、途中から聞いたというのもあったので、それは省いてあります。

続きを読む

高齢化社会とWordPressコミュニティ

2017年9月9日(土)に、WordBench名古屋は「WordPress 設置後にしておきたい設定」をテーマに勉強会を開催しました。
参加は40名弱。女子高生がお母さんと一緒に参加してくれるという珍しいケースもある一方、60歳以上のシニア世代の参加が約2割ほどありました。
テーマが初級者向けということもあったでしょうが、最近シニア世代の参加が増えていることは間違いありません。
私は今年で55歳になりますが、いつも「今日も勉強会の参加者の最年長は私だなぁ」って思っていたのに、ここ最近そうではないということが非常に多くなりました。
1回だけでなく何回も参加してくださる方や、懇親会にも参加してくださる方もおられます。
これ、単なる偶然ではないと思うので、少しこの件について考えてみたいと思います。 続きを読む

Pulse CMS4.6.2アップデートの注意点

Pulse CMSが4.6.2にアップデートされました。
WordPressなどのブログインポート機能が強化されたようです。当面、その機能を使う予定はないのですが、とりあえずアップデートしてみました。
Pulse CMSを購入したときに登録したメールアドレス宛にアップデートの案内が届きます。そこにメーリングリストへのリンクがあるので、それをクリックするとメールアドレスを登録する画面が開き、そこにメールアドレスを登録すると4.6.2をダウンロードできるページが開くので、そこからダウンロードします。 続きを読む

WordPressのセキュリティに関する20の質問」結果発表

「WordPressのセキュリティに関する20の質問」というのを実施させていただきました。40名の方から回答をいただきました。回答をしていただいた皆さんありがとうございました。

WordPressのセキュリティに関する20の質問

アンケート結果を、公開したいと思います。
なお、パスワードに関する質問がなかったため、WordBench名古屋の12月勉強会で、急遽参加者の皆さんにアンケートを取りました。その結果も最後に付け加えてあります。

続きを読む

Pulse CMSはWordPressではない-Pulse CMS Meetupで感じた気づき

2016年11月19日(土)に、大阪で開催されたPulse CMS Meetupに参加してきました。
いちおう、Pulse CMSは自分で触っていたので大筋はわかっていましたが、より詳細な情報が欲しかったのと、Pulse CMSを開発・提供している人たちとのお近づきになり、名古屋でPulse CMSの勉強会を開催するための仕込みをしようと思って行ってきました。img_20161119_141233558

続きを読む

WordPressのセキュリティに関する20の質問

まだ正式決定ではないですが、12月のWordBench名古屋の勉強会では、WordPressのセキュリティをテーマにしようかという話が出ています。

そこで、WordPressユーザのみなさんが、セキュリティ対策として実際にどういうことを実施しているかのアンケートを取ってみようと思い立ちました(個人的にですけど)。

20のセキュリティに関する実施項目を、実施している、していない、必要性や有効性を感じない、その他の4項目で聞いていますので、ぜひご回答ください。

12月のWordBench名古屋の勉強会まで受け付けて、結果については、このブログでも公表していきます。

なお、iPhoneなどのSafariでアンケートの挙動がおかしいときは、直接アンケートページから回答をしてください。
▶アンケートページへの直リンク:https://goo.gl/forms/jEB2BoTi81FHOedA2

Pulse CMSの編集はブロック単位

世の中には、いろんなCMSがあります。いちばん有名なのはWordPressでしょう。

様々なCMSを、編集する基本単位が何かということで見ていくと、大きく2つに分けることができます。WordPressやMovableTypeは、ページを編集の基本単位としていて、たとえ1文字の直しでもページ全体の編集画面を呼び出さないといけません。

一方、concrete5などのCMSでは、ページの中には1個もしくは複数のブロックと呼ばれる編集単位があり、1文字直したいときは、その文字の含まれるブロックを編集すればいいことになります。まぁそのブロックを直すためには該当のページを開かないといけないのですけども。ただその編集の範囲は、そのブロック内にしか及びません。

ではPulse CMSはどうなのでしょう? 続きを読む

Pulse CMS(移転とログインURL編)

一度作ったPulse CMSのサイトを、違うサーバに移すのと、ログインURLの変更をしてみましたので、その一連の話を…

続きを読む

Pulse CMS(ページとブロック編)

インストールが無事済んだので、管理画面にログインしてみます。
ログインすると、この画面で日本語化もできています。なんかとってもシンプルですね。きっと詳細画面とかあって、もっと細かく設定できるんじゃないかと、いろいろ探しましたが、どうもそうではなさそうです。本当にこれだけのシンプルな画面のようです。

%e7%ae%a1%e7%90%86%e7%94%bb%e9%9d%a2%ef%bc%88%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%ef%bc%89まずは、この管理画面から、どういう構造になっているのかを把握したいと思います。
あれこれやっているうちに、どうもPulse CMSではページとブロックというのがポイントのようだとわかってきました。 続きを読む